吉凶禍福と陰陽師の役割

人生では吉凶禍福ということが非常に重要で、そのことが事前にわかっていれば、それらを回避したり、強めたりすることができるので、より幸せになることができるということになります。人生を見ても吉凶禍福の起こった後の処理が非常に重要で、またその反応をどのように行うのかということも、その後の運命に大きく影響するということになります。そしてそれらを教えてもらうことができれば、そこから漠然としてとらえどころもなく、それでいて決定権があるような運命をコントロールできる可能性があるということになります。その役目を古来からになってきたのが陰陽師という人たちであったということになります。もともとは官吏であったということからも、その基本的な伝統も背負いながら今に至るということもあるのでしょうから、非常に特殊な歴史的背景がある職業ということになります。その点も興味深いということになります。

陰陽師の呪術的な役割の変化

陰陽師はもともと陰陽五行説の専門家ということで始まったはずなのですが、その後中国の道教の影響や日本の古神道の影響などを受けて、呪術的な方向に向かったということになります。その理由はやはり天皇の影響が大きく、貴族社会は限られた世界で非常に暗い部分を秘めていましたが、それを恐れた当時の天皇がそれらの怨霊を抑えるために陰陽師を利用しだしたということが理由のようです。特に日本人は思想などを折衷して日本的にカスタマイズして取り込むことが非常にうまい民族で、どう考えても矛盾する教理なども、日本的に変化させてケロッとしているところがあります。それを陰陽道でも行なっていったということが、今に至る歴史ということにもなります。スピリチュアル思想の元祖も天皇であったということですが、非常に日本的で、元はどうでもよいから解決できる力であれば利用しようという考え方は昔からあったということになります。

陰陽師の歴史的事情と官吏

陰陽師は、もともとは官吏でしたので、その地位が国家の中でどのくらいのものかということも興味深いのですが、映画や小説では天皇に簡単に話せたり、高級な公家などと自由に話したりしていました。それで相当地位も高いのだろうという予想が生まれますが、現実には今でいうところの国家公務員ということで、それも昇殿を許されているのはトップだけということでした、いわば中級の公務員的な存在だったということで、それもどの時代でもどこの国の政府でもそうですが、その組織が肥大化していき、地位も相対的に下がっていったということがあったようです。それは大勢いれば価値も下がるということになります。そうなると副業をしないと食べていけない人も出てくるのは自然で、それで民間に広まっていったということになるようです。また最初はありがたかったものが、その後は民衆のアドバイザーになっていったということになります。

主力商品・サービスは、携帯ショップの運営を始め通信機器の販売・サイト運営・コンテンツの作成・編集などです。 古くからの陰陽五行の思想に基ずく陰陽道と様々な占術を駆使して悩みを解決します! 多くの方を開運に導いてきた陰陽師が、「風水」や「手相」など数多くの占術を駆使し、それぞれの方が持つ悩みや問題を開運へと導きます。 陰陽師といったら橋本京明で決まりでしょ。