阿部清明と陰陽師の歴史

陰陽師という職業でも今までさまざまな人たちがいたでしょうが、その中で一番有名なのが阿部の清明で、小説や映画、また漫画などで常に出てくる大物なので、この人の名前を聞いたことがないという人は少ないのではないかということになりますが、日本の歴史でも非常に面白いキャラクターということになります。今のスピリチュアルの世界や占いなどの世界では始祖のような人で、この人が生まれなければこの職業は今では存在しなかったかもしれないというような人です。千数百年前から今に至るまで人気がなくならないという稀有の天才ですが、日本人の心のつかみ方を先天的に理解していた天才でもあるのかもしれません。歴史が作った大先生ということかもしれませんが、その系統を受け継いでいる人たちが今も活躍しているというのが現在の陰陽師ということになります。とても興味深い職業ということでもあります。

陰陽師の伝統と今の時代

陰陽師という言葉は、今の日本人にもなじみ深いということで、映画や小説などのイメージが中心でしょうが、それでも広く知られている存在ということになります。特に歴史が非常に古いということでは、秘儀のような伝承もたくさんあるでしょうし、ご利益のある内容も多いでしょうが、秘すれば花で、知ってしまうと何だそんなことかということでも、極秘に伝承されてきたということになると価値も高まるということがあります。知られないからこそ、大したことではなくても価値があるということですが、今の社会ではインターネットで多くの秘伝や秘密が公開されてしまっているのでありがたみがなくなり、本来の意味もなくなってしまうということがあります。その点陰陽師の関係者はそのことも理解していて、今のインターネット社会でも対応を間違っていないということは長い伝統を生き延びてきたノウハウがさすがにすごいということはあります。

陰陽師の役割と占いの関係

陰陽師が生まれたころの最先端の科学ということでは、中国の陰陽五行説が中心でしたが、それ以外にも天文や祭祀、また占いなどがありました。それで陰陽師の専門は何かというと占筮や風水関係だったようで、何かあるたびに、その専門家として、さまざまな現象を判断していたということですから、今の陰陽師の占いの関係の役割も、伝統的な仕事の延長線上にあるということがよくわかります。もともと生まれた時からそのように運命付けられていたとも言えます。また千数百年の歴史があれば、そのノウハウや関係のデータは膨大なものがあり、また一生をその仕事にかかわったという何代にもわたる遺伝子もあります。特徴や勘というような職業的な特技などですが、それはその伝統がない人が今初めても難しいということになります。ですので伝統的な遺産のようなものを大切にしているということも重要な判断ポイントです。